在籍確認なしでカードローンでお金を借りる方法はあるの?

在籍確認なしでカードローンでお金を借りる方法はあるの?



カードローンでお金を借りる時に必ず行われるのが、保証会社からの電話です。
本人の携帯電話や会社に電話がかかってきます。

自分の携帯電話に電話がかかってくるのはいいですが、会社に電話がかかってくるのは、何だか嫌だなっと思う方も多いはずです。

お金を借りることが会社にばれてしまいそうで、どうしても気になってしまいますよね。

この、できれば避けて通りたい、在籍確認のための会社にかかってくる電話。

会社への電話なしでカードローンでお金を借りることはできないのでしょうか?

カードローン会社の中には、この在籍確認を会社へ電話するのではなく、書面で済ますことができるところもあります。

例えばモビットだと、パソコンから申し込みを行う「PCからWEB完結」という方法で申し込みを行えば、会社への在籍確認の電話はなく、メールの添付ファイルに最新の給与明細など会社に勤めていることを証明できるものを提出すればOKとなります。

他にもアコムなら在籍確認を書面で行う旨を申し込みの時に一言加えれば、在籍確認は会社への電話ではなく、モビットと同じく書面で済ませるようにすることもできます。


在籍確認の電話を避けて通ることができるのは、おそらくこのモビットとアコムの2社だけになるでしょう。


お金を借りなければならないけれど、何らかの事情で絶対に会社に電話をかけて欲しくない場合は、この2社のうちのどちらかに借り入れを申し込むことにしましょう。

カードローンの審査で会社へ在籍確認の電話がないところは?

カードローンを契約してお金を借りようと思った場合、 金融会社によって必ず行われるのが会社への在籍確認です。

在籍確認とは申し込んだ本人が、申込み内容通りの職場で、
実際に本当に働いているかどうかを確かめるために行われるものです。

通常は会社に電話をかけて、本人がいるかどうかを確かめることになります。

会社にかかってくる電話は本人が出られなくても、
本人が在席していることがわかれば良いので「00さんはいますか。」
と聞かれた場合に「00は営業で外出しております。」といった具合に、
電話に出た方が応対してくれれば、在籍確認は完了となります。

しかし、カードローンの会社や消費者金融から会社に自分宛に電話がかかってくるというのは、あまりいい気持ちがするものではありません。

会社の人に借金をすることを知られてしまう可能性がなくもないですからね。

この会社への在籍確認の電話がないカードローンがあればありがたいですね。

実はあるのです。

モビットのカードローンであれば、パソコンから申し込む PC から WEB 完結というサービスで申し込むと、会社への在籍確認は直近の給与明細などの書類で行われ、会社に電話はかけてこないのです。

またこの PC から WEB 完結でモビットのカードローンを申し込むと、契約書や利用明細もパソコンからメールで受け取ることになるので、家にも郵便物が届きません。

そのため、同居している家族の方にも内緒でお金を借りることができてしまいます。

会社への在籍確認の電話なしで借りられるカードローンとしては、モビットぐらいしかないのが現状です。

モビットでお金を借りられない場合は、会社への在籍確認の電話は避けられないことになります。

その場合は、会社の人に何か聞かれたら、新しくクレジットカードを申し込んだからなどと言い訳をしておきましょう。

クレジットカードの申込みもキャッシング枠を付与した場合は会社に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

クレジットカードの申込みであれば借金をするわけではないので、聞いてきた会社の方にも納得してもらえると思いますよ。

カードローンの在籍確認の良い言い訳はないですか?

カードローンの借入を申し込んだ時に、決まって行われるのが、勤め先の会社への電話です。

お金を借りる、つまり借金をするわけですから、勤め先に電話がかかってきたら、会社の人たちにも借金が知られてしまいそうで嫌ですよね。

しかし、金融会社としては勤め先の確認ができなければ返済能力を判断できないのでお金を貸せなくなってしまいます。金融会社も必要があって勤め先まで電話をしているわけです。仕方ないですね。

この勤め先の会社にかかってくるカードローンの在籍確認の電話、職場の人に借金をするとは知られない良い言い訳はないものでしょうか。

銀行のカードローンを申し込んだ場合は、大抵の場合は担当者の個人名でプライバシーに配慮して電話をかけてくるようですが、仮に会社名を名乗られたとしても、誰もが知っているような銀行ばかりですから、あまり問題はないように思います。

マイカーローンを申し込んだからとか、子供の学資ローンを申し込んだとかそんな言い訳で会社の人には十分怪しまれることなく通じると思います。特に経理の仕事をしている方であれば全く問題ないでしょう。

消費者金融系のカードローンを申し込んだ場合の在籍確認の言い訳ですが、こちらはほとんど個人名で電話をかけてくると思います。

おすすめの言い訳は「クレジットカードを新しく申し込んだ」というものです。

クレジットカードを申し込む場合もカード会社によっては、会社に在籍確認の電話をかけてくることがあるのです。

お金を借りるための在籍確認の電話であれば後暗い気分もしますが、クレジットカードの申込みの在籍確認ということにしておけば、怪しまれずに堂々と答えられるのではないですか?

このクレジットカードを申し込んだという言い訳、かなり使えますよ。