総量規制とは?年収の1/3までしか借りられないの?

総量規制とは?年収の1/3までしか借りられないの?



これからお金を借りようと考えている方なら、
平成22年6月18日に施行された改正貸金業法について、知っておくのも悪くないと思います。

この改正貸金業法の大きな特徴はやはり借入総額が年収の3分の1までと定められた総量規制になります。

金融業者からのお金の貸し付けの契約には「個人向け貸し付け」「個人向け保証」「法人向け貸し付け」「法人向け保証」の4種類の契約があり、この中で総量規制の対象となるのが「個人向け貸し付け」になります。

同じ個人に対するお金の貸し付けであっても個人向け保証となる貸し付けに関しては総量規制の対象外となっています。

また自営業や個人事業主の方が事業用資金として借りれる場合も、総量規制の対象外となっています。

個人向け貸し付けの対象となるのは、主にクレジットカードや消費者金融のキャッシングが該当します。

複数の貸金業者に借り入れがある場合は、それぞれの貸金業者の借り入れの合計額が年収の3分の1を超えると、さらに追加で借りれたりすることができなくなります。

しかし、総量規制にも数多くの例外があって、必ずしも個人の方が年収の3分の1を超える借り入れができないというわけではありません。

そもそも住宅ローンなど、年収の3分の1など軽く超えてしまう借入を行う場合もあるわけですからね。

総量規制の対象外となっている借りるというのは、
主に不動産の購入や不動産のリフォームなどのための貸し付け、
自動車の購入に対する貸し付け、高額医療費の貸し付けや、有価証券や不動産などを担保とする貸し付けが該当します。

他にも銀行からのお金の借り入れというのは基本的に個人向け保証という形になるので、銀行からお金を借りる場合は総量規制の対象から外れると覚えておくと良いでしょう。

そのため、最近では金利も安く限度額も大きい、銀行が発行する個人向けのカードローンが非常に人気になっています。

銀行カードローンは総量規制対象外だけど年収の1/3以上借りれる?

銀行のカードローンは借入総額を年収の3分の1までとする総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1を超える借り入れも、金融商品としては可能となっています。

しかし銀行でカードローンを申し込んでお金を借りる場合も、
クレジットに関する情報というのは、他の消費者金融などとも共有しています。

いくら銀行のカードローンが年収の3分の1以上の借入も可能だとはいえ、
すでに消費者金融などで年収の3分の1位に近い金額を借り入れている方だと、
銀行の審査では、きちんと返済できる見込みが薄いと判断する場合もあり、
審査で通らないこともあるようです。

もちろん、他の消費者金融などに借入がない状態で、
初めて銀行のカードローンを申し込むような場合であれば、
限度額の設定によっては年収の3分の1以上の金額を借り入れることも可能です。

楽天銀行のカードローン、楽天スーパーローンであれば、最高限度額が500万円となっています。

しかし初めて新規でカードローンを申し込むときに、いきなり最高限度額である500万円までお金が借りられるというケースはめったにありません。

一般的に最初は50万円から100万円程度の限度額で借り入れが行えるようになり、お金の借入や返済を繰り返して、「この人はお金を貸してもきちんと返済する人だ」ということが証明できてくれば、徐々に限度額が増額されるという仕組みになっています。

年収が600万円の方であれば、年収の3分の1にあたる金額は200万円ということになります。

最初から200万円を借り入れるのは難しいかもしれませんが、カードローンを申し込んで何度か利用し、きちんと返済をしていれば限度額の増額が行われ、いつしか200万円以上の金額を借りれるようになる可能性はあります。

金融商品としては銀行のカードローンは理論上年収の3分の1以上の借り入れが可能ですが、実際に年収の3分の1以上の借入ができるには、人によっては条件がつくということですね。