収入証明書を用意しておくとキャッシングは簡単に

収入証明書を用意しておくとキャッシングは簡単に



銀行のカードローンなどで新たな申し込みをしたり、借入限度額の増額を申請する場合に、あなたの収入を証明する収入証明書を提出することが求められることがあります。

このかなり面倒に感じられる収入証明書の提出ですが、これは改正貸金業法によって貸金業者が50万円を超える貸し付けを行う場合などに法律によって義務づけられているものです。

なので、何も金融業者があなたにお金を貸すのを嫌がって、嫌がらせ的に求めているものではありませんよ(^_^;)


あなたの収入を証明する書類としては、源泉徴収票や所得証明書類が主にあげられます。

源泉徴収票は会社から支給される方も多いので、ご存知の方も多いですが所得証明書類というのはどのようなものでしょうか。

所得証明書類というのは住民票を置いている役所に請求することで発行してもらえる、正式な所得証明となります。そのため所得証明書類を手に入れるには住民票を置いている役所に申請する必要があります。役所まで出かける手間が必要なので、これはちょっと面倒くさいですね。

他にも収入証明書として利用ができる書類は、会社から支給される支払調書のほか、自営業や個人事業主の方であれば納税通知書や青色申告決算書、確定申告書の写しなどが相当します。

年金を受給している人であれば年金証書や年金通知書も収入証明書として利用できます。

会社員や公務員等、給与所得を得ている方であれば、給与の支払い明細書も収入証明書として活用することはできます。

給与の支払い明細書が一番簡単に準備できるかもしれませんね。


お金の借入を行う場合は、申し込む前にこれらの書類もあらかじめ準備しておくと、申し込みの手続きが非常にスムーズです。

急いでお金を借りなければならない場合に備えて、こうした書類を普段から準備しておくことも大切ですね。

楽天銀行のカードローンは収入証明書なしでいいの?

銀行系のカードローンとしては、パートやアルバイトの方の申込みやもちろん、専業主婦の方の申込みまで受け付けているということで、異色の存在となっている楽天銀行のカードローン、楽天スーパーローン。

楽天銀行のカードローンは借り入れ限度額が200万円までの場合、収入証明書の提出は不要で、契約を申し込むことができます。

総量規制が実施されてから借り入れ限度額が200万円というのは、大手の消費者金融であれば年収が600万円以上の方でないと借りられない金額です。

年収が600万円以上もある人というのは、今の日本ではかなりの高収入な方ですよね。

楽天銀行のカードローンは総量規制対象外ということもありますが、200万円まで収入証明書も不要で、借入を行うことができるというのは、アコムやプロミスといった大手の消費者金融をはじめ、総量規制の対象となってしまう消費者金融会社からは羨望のまなざしで見られることでしょうね。

とはいえ楽天銀行のカードローンでも、借入限度額は申し込んだ時の収入など、様々な属性を加味して決められます。そのためいきなり200万円もの限度額を設定されるという方は案外少ないかもしれません。

契約当初に設定された100万円ぐらいの限度額の中から、借り入れと返済を繰り返して信用を作っていかないと、限度額の増額はできません。

楽天銀行のカードローンは借り入れ限度額が200万円までの場合収入証明書が不要になるだけでなく、専業主婦の方の借入の申込みも収入証明書は不要です。

しかし、自営業の方や個人事業を営まれている方が借り入れを申し込む場合は、借入限度額が200万円以下の場合でも収入証明書が必要になります。

自営業や個人事業の方は収入証明書が必要になるので注意しましょう。